学校紹介

沿革

大正11年 4月 福岡市に川島裁縫女学校を創設
昭和22年 8月 福岡市舞鶴城内町に新校舎を落成
昭和29年 11月 学校法人川島学園を設立
昭和36年 2月 川島学園室見丘女子高等学校(普通科)を設立
昭和47年 12月 川島学園高等学校と改称
昭和55年 12月 福岡舞鶴高等学校と改称
昭和58年 6月 新校舎落成
昭和61年 3月 新グラウンド完成
9月 校舎増築完成
昭和63年 10月 体育館落成
平成 元年 8月 LL教室、図書室完成
平成 元年 11月 校舎増築完成(5教室)及び第2グラウンド完成
平成 3年 6月 全教室に冷暖房完備
平成 5年 2月 情報処理教室及び7教室増築
平成 6年 9月 附属中学校校舎新築完成
平成 7年 4月 附属中学校開校
平成 10年 7月 第3グラウンド完成
平成 11年 9月 図書館完成
平成 15年 6月 ピロティ完成
平成 23年 4月 社会福祉法人 福岡舞鶴誠和保育園開園
12月 サブグラウンド完成
平成 25年 4月 附属中学校を福岡舞鶴誠和中学校と改称
平成 27年 4月 社会福祉法人 福岡舞鶴誠和保育園Ⅱ 開園
学園創立者
川島アクリ

福岡舞鶴高等学校および福岡舞鶴誠和中学校の校章は、創立者・川島家の家紋(桔梗)がモチーフになっています。