学びの特色

舞プログラム

舞プログラムは、いわば夢実現のための方程式。目標を明確にし、意識を高め、
確実にクリアしていく方法と手段が、二重、三重に用意されています。
このプログラムをしっかり活用し、学校生活に取り組むことで、
夢を大きく手元へ引き寄せることができます。それは、また新たな夢の始まり。
ふくらむ夢をしっかりサポートする、本校独自の教育体制です。

二期制(セメスター制)の導入

授業は月〜金曜日の50分×7限とし、土曜日は学校行事と、年8回の舞プランの日とします。前期・後期の二期制(セメスター制)で総授業時間数を確保。メリハリのある学校生活です。


舞プランはこちら

模試による実力アップと
アプローチタイム

模試と復習テストを兼ねたクラス編成テストで全国レベルの学力を意識した学習を進め、対外模試による学力分析を行います。また各学年・コースごとの学力強化プログラム「アプローチタイム」により、生徒の自主的な学習を促進します。

全教室に電子黒板を設置

普通教室と特別教室の全教室に最新の教育機器・電子黒板を設置しています。電子黒板の最大の特徴は、写真や図、グラフ、地図などの視覚教材を豊富に活用して授業を進められること。生徒の理解度が飛躍的に高まります。

自学自習ゾーン

放課後、自学自習ゾーンとして図書館を21時まで開放しています。例えば閲覧室では、パーソナルスペースが確保できる机で、図書館の豊富な赤本や問題集を利用できます。

進路指導の充実

九大生による学習相談コーナーを設置。放課後、本校卒業の九大生に授業や自習でわからない内容を質問できます。また、進路室では、大学などさまざまな進路のことを先生に相談できます。

相談室の設置

臨床心理士の資格を持つ、専門のスクールカウンセラーによる相談室を設置。例えば友だちや家庭のことなど、心配ごとや困ったことを相談することにより、安心して高校生活を送ることができます。親子相談や保護者の方のみの相談にも対応しています。

進度表(シラバス)の公開で
計画的な学習

年間の学習計画である進度表(シラバス)を生徒、保護者へ開示します。生徒は授業の重要項目をチェックしたり、考査の目標点を設定するなど現行課程に対応した内容で、年間を見通した学習が可能です。

シラバスはこちら

変化する大学受験体制に即応

2020年度から従来のセンター試験に代わる大学入学共通テストが、22年度には新しい学習指導要領が実施されます。思考力・判断力・表現力の強化が不可欠で、本校では電子黒板を活用したICT教育の整備など新しい授業形態への取り組みを進めています。

ボランティア活動への取り組み

積極的なボランティア活動は本校の伝統の一つと言えます。全校生徒で、あるいはクラスや部活動単位で、多様な活動を通して人々とふれあい社会と向き合うことで、生徒は学校にいるだけでは得られない貴重な体験を積んでいきます。

躾教育・マナー教育の充実

男女問わず躾・マナー指導に力を注ぐとともに、全生徒が受ける華道の授業を通して日本の伝統文化の継承に努めています。また食育を重視した教科指導で、食物調理検定の取得を目指します。

ページ上部へ