受験生のみなさんへ

入試問題ポイント

平成29年度の入試問題ポイントです。

国語

大問3問

①評論・エッセイ ②小説 ③古文

漢字の読み書きは必須です。①・②の両問題において出題されますので、日頃から「とめ」、「はね」などを注意して練習しておきましょう。
①は筆者の考えを、②は登場人物の心情を理解できるかを問うものです。文章を読む時に筆者の意見、登場人物の気持ちを考えながら読む習慣をつけましょう。日頃から様々な文章を読む習慣をつけておいてください。
③は現代語訳が付いていますので、それを見ながらどのような話なのか内容をつかんで下さい。国語便覧等を参考に有名な古典の作品に触れておくとよいでしょう。3題ともかなりのスピードと正確さが要求されます。

数学

大問5問

①・②計算問題 ③文章問題 ④関数・図形と計量問題 ⑤場合の数・確率

①・②は、基本的な問題を中心に広範囲の分野より出題。速く正確に解く計算力が必要です。
③の文章問題は、文章をよく読み、意味を理解し、論理的に考える力が必要です。
④は、基本的な性質・定義などをしっかり押さえておく必要があります。図形と関数を融合した問題が出題されます。
⑤は速く正確に数え上げる力を身につけて下さい。

英語

大問7問

①発音問題 ②熟語・構文の空所適語補充問題 ③文法・構文の同意文書き換え問題
④文法・熟語の選択問題 ⑤会話文の選択問題 ⑥会話文の読解問題 ⑦長文読解問題

①発音は、声に出して繰り返し練習しておきましょう。
②・③・④は、文法・熟語・構文について基本的なものを理解し覚えておいて下さい。
⑤短い会話文の(  )に入る適切な表現を選択肢から選ぶ問題です。
⑥会話文は、基本的な表現を覚え、対話の場面を思い描きながら読むことが大切です。
⑦長い文章を、話の流れを追いながら理解していくことに慣れておきましょう。

社会

大問6問

時事問題・地理的分野・歴史的分野・公民的分野から出題されます。

○必ず時事問題が出題されます。一般常識レベルの問題ですので、テレビのニュースや
 新聞をよく見るようにしましょう。
○地理的分野は日本地理より出題されます。(但し、貿易については別です。)
 地形図の読み取りはよく出題されます。
○歴史的分野は年表や資料は頻出です。古代から現代までまんべんなく出題されます。
 但し、教科書に沿った基本的な問題ですので、地名、人物名等、漢字で正しく
 書けるように練習しておきましょう。
○公民的分野は、政治と経済の分野から出題されます。
 基本的な用語や数値を正しく答えられるようにしましょう。

理科

大問8問

物理・化学・地学・生物の4つの分野から同じ割合で出題されます。 

いずれも教科書レベルの問題ですので、教科書をすみずみまで学習し、1問5分程度で解くことができるように練習しておくことが大切です。

○物理的分野・・・音・光・力,電流,エネルギー等
○化学的分野・・・溶液の性質,気体の性質,化学反応,酸とアルカリ等
○地学的分野・・・大地のつくりと変化,天気,太陽,地球,星等
○生物的分野・・・動植物の体のしくみ,生物の増え方とつながりや環境問題等

ページ上部へ