学びの特色

6ヵ年の長いスパンで、独自のプログラムを生かした実践教育

bg

舞プログラム

生徒がそれぞれの夢や目標に向かって着実に進んでいくための「舞プログラム」。
目標に対する意識を高め、確実に達成する方法や手段が、二重、三重に用意されています。
学力はもちろん、心身ともに大きく成長できる貴重な6カ年となることでしょう。

img01

01

進度表(シラバス)の公開

生徒と保護者に進度表(シラバス・年間の授業計画)を開示します。次回の考査の内容や出題範囲を事前に知り、計画的な学習に取り組むことができます。

img02

02

二期制(セメスター制)・授業週5日制の導入

授業日は月〜金曜日の50分×7限。土曜日は学校行事と、年8回の「舞プラン」の日です。また前期・後期の二期制により総授業時間数を確保。メリハリのある学校生活が学力も個性も大きく伸ばします。

img03

03

朝テスト・放課後トレーニングの実施

平日は中学生全員を対象に「朝テスト」と「放課後トレーニング」を実施します。「朝テスト」は、基本的な計算力や単語力の向上を、「放課後トレーニング」は、読解力や論述力の向上を目指します。

img04

04

カウンセリング合宿の実施

組担任や教科担任による個別アドバイスで問題点を整理し、学習意欲を喚起。生活面においても丁寧なカウンセリングを行い、生徒の自覚と成長を支援します。また考査ごとに三者面談による進路指導を実施。目標確認と課題を明らかにしていきます。

img05

05

電子黒板の活用

中学生の全教室と特別教室に設置し、主要5教科を中心に活用。優れた視覚的効果により理解力が高まり、授業進度のペースアップにつながっています。生徒が深く考えたり、グループ討議や積極的な発言など主体的な授業参加の姿勢が養われつつあります。

img06

06

習熟度別授業の実施

国・数・英の主要3教科において毎時間実施。1クラスを「基礎クラス」「応用クラス」の2つに分け、それぞれの理解度に応じた授業レベルを設定。効果的な指導により着実な学力の向上を図っています。

img07

07

礼法の授業の実施

日常の生活や行事、人生の節目で必要となる礼儀やマナー、相手を思いやる気持ちを身につけることを目的に新設した授業です。学校生活における行動や態度に落ち着きが見られるようになったほか、正しい立居振舞や所作を身につけることで、自ら心を正すことにもつながっています。

img08

08

スクールカウンセラーによる相談室

臨床心理士の資格を持つ専門のスクールカウンセラーによる相談室。友だちや家のことなど心配ごとを相談でき、安心して学校生活を送ることができます。